生コンクリート製造、建設資材卸販売、産業廃棄物処理などの事業を行なっております。

ごあいさつ

当社は昭和26年(1951年)12月に大江富太郎と丸山弘の二人が
建設資材の販売を目的に創業いたしました。
社名も二人の姓と名の一字をとって、大弘建材としました。
翌年、イワキセメント(株)の特約販売店になり、
和歌山県下でセメント・骨材の販売を始めました。
その後、生コンクリートの製造に乗り出し、
主な事業はコンクリート二次製品を加えた三つの営業品目になっています。

生コンクリート製造に関しては、平成7年にいち早く集約を実現し、
全生工組連の「集約化モデル工場」に認定されました。
戦後の混乱期に設立され、山あり谷ありの時代が続きましたが、
昭和52年(1977年)に湊組グループに入り、経営の安定を計っています。

平成に入ってから阪神大震災、東日本大震災、それに続く福島原発の被災等、
天災・人災が次々と起こり国土の強靭化が必要になってきています。
旧来型の公共事業でなく、生命を守る為の公共事業の登場です。
世の中の動きが速く、IT技術が発達し一瞬にして
世界中に情報が伝わる時代になってきましたが、経営の根本のところは何も変わっていません。

即ち“企業は人なり”で従業員が幸せを感じられる職場をつくり、
人を育て、結束力の強い組織をつくることです。
経営陣は自らの見識・教養を高め、ぶれない、巾のある経営者を目指します。

同じ様に取引先を大切にし、信頼され、選ばれる会社になることです。
固定観念を捨て、中小企業らしくしなやかに変化に対応してゆくことです。
そして「THINK!」です。常に考え、考えぬいた末、決断し実行することです。

2020年には東京でオリンピックが開かれます。
私達の目の前には明るい材料が並べられていますが、
これにどう対応し経営の強化に結びつけていくかTHINK!することが楽しみです。
これからも、ゆっくりであっても着実に経営を行ってゆく所存ですので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © DAIKO KENZAI Co., Ltd. All Rights Reserved.